TOP

車の廃車.net・費用をかけずに廃車にする方法はコレだ!

車に関する情報記事一覧

2019年10月に消費税率が10%に引き上げられる予定です。消費税率10%に引き上げられる際には、「自動車取得税の廃止」が考えられています。ですが、自動車取得税(購入時に3%)が廃止されたとしても、私たちが支払う、税金が減ったわけではありません。自動車取得税の3%が廃止されたら、絶対お得でしょ!と思うかもしれませんが、そうでないんですよ。自動車購入時にかかる自動車取得税は、本体価格の消費税を抜いた...

2014年4月から消費税が3%アップして、消費税が8%になります。自動車を購入しようと考えている、消費者には、消費税3%アップは非常に大きいものです。200万円の自動車を購入しようと考えている場合は、3月までに購入すれば、消費税は5%で10万円。4月以降に自動車を購入すれば、消費税は8%で16万円になってしまい、6万円も多く支払う必要があります。日産自動車では、消費税増税後と増税前の価格を比較でき...

廃車と鉄価格には関係性があります。自動車を廃車にすると、必ず鉄くずがでます。この鉄くずは捨てるのではなく、資源として売却できるため、鉄の価格が高いときには自動車を高い値段で引取、鉄の価格が低いときには自動車を低い値段で引き取る、このような関連性があります。このグラフは「鉄鉱石」の価格の推移です。鉄鉱石とは鉄の原料となる物で鉄の値段の指標となります。グラフを見るとわかりますが、2007年を境に鉄価格...

1914年に日本初の乗用車、快進社自動車工場から「ダット」が完成してから100年以上、日本は自動車大国と呼ばれ、今では1家に1台、1人に1台自動車を保有していると言われています。現在、日本ではどれくらいの自動車(乗用車)があるのか気になりませんか?2014年現在の日本での自動車保有数はなんと!60,667,517台(6000千万台)です。2人に1台保有していることになりますね。そのうち、「軽自動車...

日本では、自動車の保有数(乗用車)は6000万台以上となっています。この数値は世界から見たら、多いのか?少ないのか?非常に気になるところです。総務省の統計局のホームページに世界の自動車保有数の情報がありましたので、転記します。ドイツ43,431台(単位1000台)イタリア37,033台(単位1000台)フランス31,600台(単位1000台)イギリス28,722台(単位1000台)スペイン22,2...

2015年、もっとも売れた車はトヨタの車ですが、どの車種が売れたのか?自分はプリウスだと思ったのですが、実はコレでした。順位車名メーカー販売数1位アクアトヨタ215,5252位プリウストヨタ127,4033位フィットホンダ119,8464位カローラトヨタ109,0275位ノート日産97,9956位ヴォクシートヨタ92,5467位ヴィッツトヨタ77,6128位デミオマツダ72,7719位ヴェゼルホン...

2015年に 215,525台を売り上げた、トヨタのアクアですが、皆さんどのような車かご存じですか?トヨタアクアはこんな車アクアは2011年にプリウスの廉価版として、プリウスよりも安い価格で発売したハイブリッド車です。現行プリウスのリッター40kmには適いませんが、それでもリッター37.0kmの燃費性能です。価格帯税込み176万円〜240万円台排気量1.5Lハイブリットシステム燃費37.0km(カ...

日本には約6100万台車があると言われています。これは乗用車に限っての話で、トラックや事業車を含めれば8000万台以上あると言われています。その自動車ですが、どこの都道府県が一番保有しているのか気になりませんか?調べてみると、「え!ここが1位なの!」と驚く結果が出ましたよ。都道府県自動車保有ランキング順位地域保有数1位愛知4,105,367台2位埼玉3,169,812台3位東京3,154,126台...

車を運転していて、不注意で自宅の車庫や電柱などに車をぶつけたり、擦ったりして傷を付けたことありませんか?自動車の修理では、国産車や外国車、車種などによって違いがありますよね。大きい傷やヘコミの場合、パーツを交換しなければいけない。と言うこともあるので、その場合はディーラーやそのパーツを扱っている修理工場での修理となってしまいます。浅い傷やヘコミであれば、パーツ交換などしなくても済む場合がほとんどで...

自動車税とは、毎年4月1日時点の車検証の自動車の持ち主に対して発生する税金になります。この自動車税は何の目的で取られているのか?不思議です。自動車税は都道府県税の普通税であり、普通税は他にも「事業税」「固定資産税」などあり、これらは税金の使い道が特定されていない税金とされています。ですから、私たちが支払っている「自動車税」は何に使われているかわからないのが現状です。実際は都道府県が提供する様々なサ...

車の査定をしたいと思ってみても、電話対応やしつこい営業の不安、買取り価額の期待など不安や期待などを考えて、業界最大手のガリバーを選ぶ人が多いです。実際に上場企業と言うだけあって、自分が利用したときは電話対応は丁寧だし、しつこい営業の電話などは一切なかったです。ただ、不満な点が1点ありました。これについては、自分が悪いというか、車が悪いというか。査定してもらった車の年式は10年以上前のもので、走行距...

自動車賠償責任保険(自賠責保険)は車検更新時に支払うものです。任意に加入する自動車保険とは異なりますが、自動車を走行中に他人にケガをさせたりした場合に相手方を補償する保険です。なぜ、保険料が下がるのか?自動車の安全技術の向上で交通事故が減り、支払う保険料が減少しているからです。先進安全自動車(ASV)という、ドライバーの安全運転を支援するシステムでテレビCMでよく見る「前方に障害物があると勝手にブ...

「居眠り運転によって事故を起こした」このような居眠り運転で事故というようなニュースを一度は耳にしたことがあると思います。一般道などの信号が多く、道も複雑な所を運転していると眠気は襲ってきませんが、高速道路などの単調な道を運転していると眠気が襲ってくる経験はないですか?人の集中力には限界があるので、単調な道を運転していると、2時間のサイクルで眠気が襲ってくると言われています。眠くなる時間帯単調な道で...

車に乗るときにはシートベルトの着用が義務づけられているのを知っていますか?そんなの知ってるよ!「一般道では、運転手と助手席に乗っている人」は必ずシートベルトを付ける必要があることぐらいそれと、「高速道路を運転するときには、運転手や助手席はもちろん後部座席に座っている人」もシートベルトをしなきゃダメなんだよね」と、一般的にはこのように解釈している人は多いかと思います。ですが、間違いがあります。道路交...

免許証を紛失することなんてあるの?と、思う人もいますよね。実際に免許証紛失した経験がある私としては不思議なことではないです。免許証は大抵の場合は「財布の中」「車のサンバイザーのカード入れ」などに入れるのが一般的です。じゃあ、どうやって紛失するの?私はコンビニで免許証のコピーを取って、そのままコピー機に忘れてしまい、紛失しました。紛失したらすぐに遺失届を出す免許証が紛失しただけでそんなに騒がなくても...

車を運転する時には必ず「交通のルール」を守らなければなりません。このルールに違反した運転をしてしまうと違反した種類によって「点数・反則金」を科されてしまいます。一体、どんな違反をしてしまうと「何点?」なのか「反則金はいくら?」なのか?調べてみて、「反則金、高すぎ!」と思ってしまう違反種類や「こんな違反で点数?」と思ってしまうよな違反種類もありました。違反をして反則金を納めるのはお金がもったいないの...

現在、軽自動車の保有台数は3,000万台以上で全体の約4割近くが軽自動車です。いつの間にか私たちの生活の中に浸透していった軽自動車ですが色々な疑問があります。いつ発売したの?メーカーは?値段は?など、軽自動車のルーツを調べてみました。日本初の軽自動車はあのメーカーから発売していた軽自動車の歴史は古く1910年代にバイクや三輪車の延長線上に簡易車両として誕生しました。本格的に利用されるようになったの...

自動車保有台数の割合の中で軽自動車が占める割合は約4割あります。1955年にスズキから初の軽自動車が発売されて60年以上経ちます。普通自動車よりも歴史の浅い軽自動車がなぜこんなに人気になったのかそのワケを調べてみました。軽自動車のメリット経済性燃費がよい 59%価格が安い 34%税金が安い 79%使いやすさ運転がしやすい 65%狭い道で使いやすい 47%駐停車がしやすい 37%やはり軽自動車は税金...

電気だけで走る電気自動車は電気工事を行えば家庭のコンセントからでも充電できるため長い目で見ればガソリン車よりもお得です。そんな電気自動車ですが、2017年7月27日、イングランド南東部、ウィックフォードで買ったばかりの電気自動車が充電中に発火するという事故が起きました。話によると、充電ケーブルに繋いだまま一晩放置されたことで発火してしまったと報じられています。けが人はいなかったみたいですが自動車は...

「廃車処分したのにその車の納税通知書が届いた」このようなことをネットで見ました。実際にそんなことが起きるのでしょうか?納税通知書は4月1日時点の車の持ち主(所有者)へ通知されます。廃車手続きがされていれば絶対にそんなことは起きません。一時抹消登録や永久抹消登録をすれば、運輸支局のデータベースに廃車情報として記録が残ります。納税通知所を送付する「県税事務所は」運輸支局のデータベースから登録されている...

2015年時点で全世界の車保有台数は12億6千万台を超えて、まだまだ増え続けています。保有台数1位はアメリカで2億7千万台、保有台数2位が中国で1億8千万台を超えています。日本は8000万台と人口から考えると、普及率は世界の中でもトップです。自動車生産台数がまた更新技術の進歩や経済発展で自動車の普及が進んでいなかった地域にも自動車の普及が進んでいます。2014年の世界の車生産台数は8900万台、2...

近年はゲリラ豪雨や気候が不安定なせいで降水量が多く川が氾濫して洪水が起こることが珍しくありません。洪水が起こり、車が水に浸って、水没車として廃車になることもあります。私たちが思っている水没車と定義上の水没車には違いがあることを知っていましたか?水没車とは水没車の定義って何?と考えたときに明確な答えがわからない人が多いと思います。私たちが思う水没車は車の屋根付近まで水に浸かっている状態のことを水没車...

車を運転しているとどうしても避けられないのが交通事故です。いくら自分が気をつけて運転していようと相手から事故をもらうこともあります。このとき軽くぶつけられるくらいであれば問題ありませんが大きい事故になってしまうと修復歴ありの車になってしまいます。大きい事故を起こして車にダメージが残ってしまうと「修復歴あり」の車として市場では評価されます。万が一事故前に100万円の値段がついていた車でも事故後に完璧...

中古車査定をするときどういう方法で査定価格を出しているのか不思議に思ったことはありませんか?一般的に中古車を査定する場合、車種の人気や走行距離、車の状態、市場価格などを考慮して価格を決めます。しかし、この方法だと販売店ごとに中古車の値段が違ってくるので車を購入する消費者が適正な価格で車を購入する事ができなくなります。そのようなことがないように日本自動車査定協会は自動車ごとに正確な価格を算出できるよ...

自動車を所有していると保険料、ガソリン代、整備費用、車検代、自動車税などの維持費がかかります。維持費といっても馬鹿にならなくて1500ccの車でも年間の維持費は約30万円〜50万円程になります。その中でも、結構な割合を占めるのが「自動車税」と「自動車重量税」の税金です。知らず知らずのうちに支払っている、自動車税と自動車重量税ですがこの税金は一体何なのか?知っているようで知らない「自動車税」と「自動...

国が定める排出ガス規制と燃費基準をクリアした車は税金の優遇を受けることができます。これをエコカー減税と言います。優遇を受けられる税金は3つあり、自動車取得税、重量税、自動車税です。新車購入時にかかる自動車取得税新車購入時にかかる自動車重量税新規登録の翌年の自動車税新車購入の際にというのがポイントでエコカー減税対象の中古車を購入した場合には減税の適応を受けられません。(環境基準や適用期間によって受け...

国が定める環境基準と燃費基準をクリアしている車には自動車に関する税金の優遇を受けることができます。エコカー減税と言われるもので税金が非課税になったり、一定の割合で減税されます。数年毎にルールが変更されるのも特徴で平成29年には新たなルールに更新されています。重量税の新しいルール平成27年度改正のときは非課税枠が「H32年度燃費基準+20%達成車」でしたが平成29年度改正では非課税枠が「H32年度燃...

車に乗っている人ならガソリンの値段を高いと思ったことはあるはずです。そもそも、なんであんなにガソリンは高いのでしょうか?ガソリンについて色々調べてみました。アメリカのガソリン価格は驚きの値段平成29年10月現在のレギュラーガソリンの小売価格は1L127円〜130円程です。アメリカでは1ガロン 2.05ドル(もっとも安い地域)最も高い地域でも2.97ドルで売られています。アメリカではリットルではなく...

自動車を購入するだけなのになんで税金を払わないといけないの?と疑問に思う人も少なくないはずです。この自動車取得税が創設されたのは1968年(昭和43年)で主に道路の整備のために創設された税金です。法改正により平成21年度から目的税(集めたお金の使い道が決まっている)から一般財源化(集めたお金の使い道が決められていない)されました。どんな車を買ったら自動車取得税がかかるの?自動車取得税といっても、す...

軽自動車に乗っている人であればナンバーに封印がされていないことは知っていると思います。普通自動車や小型自動車には封印がされていますが軽自動車にはなぜ封印がないのか?封印ってなに北海道運輸支局 封印とはから引用そもそもナンバープレートの「封印」って何?封印自体何の意味があって付けられているのか知らない人もいると思います。封印は普通自動車などのナンバープレートの左上に装着されている、ペットボトルのキャ...

日本車は世界でも評価されていて、海外の人でも好んで日本車に乗る人もいるくらいです。一般社団法人日本自動車工業界で公開している、日本車の輸出台数ですが、年間で約400万台以上です。2013年 467万台2014年 447万台2015年 458万台その他にも日本の自動車メーカーは現地に生産工場を構えていて、現地で生産した日本車を合わせると年間に1000万台以上になります。そんな海外でも人気の日本車が将...

国内の廃車リサイクル率はシュレッダーダスト97.3〜98.7%、エアバッグ類が93〜94%と車から出るほとんどの物がリサイクルされています。その中でもエアバッグはパーツなどの部品とは違い、そのまま再利用することは禁じられています。自動車メーカーが法律に定められた処理方法を守って処理をします。処理されたエアバッグの原材料や部品は再利用されたり他の製品に生まれ変わっています。その一つが「バッグ」です。...

車を運転していると小石が飛んできた経験ってありますよね。その飛んできた小石がフロントガラスに当たって、ガラスにヒビが入ることもあります。フロントガラスにヒビが入ってしまうと、そのときは問題ありませんが、放っておくと、徐々にヒビが広がって運転に支障が出てしまいます。ヒビの場所が運転の視界に入らないのであれば、これ以上、ヒビが広がらないように修理することも考えられます。このフロントガラスのヒビの修理費...

車を所有していると当然に車の維持費が発生します。お金がかかるのはしょうがないことですが、そのお金って年間にいくらかかるのか?車の維持費は生涯でいくらになるのか?車に関するお金について調べてみました。まずは、車に関する費用の項目を並べてみます。自動車購入代金車検代自動車税自動車保険ガソリン代整備費タイヤ代駐車場備品代あらためて見ると車にかかる経費って意外にありますね。まずは年間にかかる費用を計算して...

2018年現在、日本では自動車保有台数が81,563,101台(軽自動車含む)となっています。(一般財団法人 自動車検査登録情報協会調べ)出典※平成30年3月末の自動車保有車両数月報を発行から引用https://www.airia.or.jp/news/r5c6pv000000ktn3.html自動車保有台数が8,000万台もある日本では、1年間で処分されるタイヤの本数は何本になるのか?気になった...

近年、台風やゲリラ豪雨によって日本各地で水害が起こっています。水害による被害は人体のほかにも、家、農作物、車など様々です。その中でも、電子機器が多く使用されている車は水害にあった場合、車両保険の保障の対象になるのか調べてみました。自動車保険の種類こちらが一般的な自動車保険の内容です。対人保障対物保障人身傷害搭乗者傷害車両補償各種特約(新車買替特約、レンタカー費用特約、身の回り品特約、弁護士特約)特...

車の運転中にくしゃみをしてしまうことってありますよね。実はそのくしゃみには危険がいっぱいなのを知っていましたか?くしゃみをするときは目をつぶってしまう人はくしゃみをするとき、どうしても目をつぶってしまったり、体を動かしてしまいます。では、くしゃみをするときに目を開けたままくしゃみをすれば良いのでは?と思ってしまいます。しかし、人の体は目を開けたままくしゃみをできない構造となっています。くしゃみをす...

平成30年に発生した北海道胆振東部地震は最大震度7を計測して、北海道に大規模な被害をもたらしました。その地震の際に発生した、全道規模での大停電の影供で、各地では電気が使えない状態が1日以上続いたとニュースで報道していました。電気のスイッチを押せば電気がつく、テレビのスイッチを押せばテレビがつく、普段の生活で電気が使えないと、テレビの情報も得ることができないし、暗くなったからと言って電気もつかない、...

2019年10月1日から消費税が10%に引き上げられます。消費税の引き上げに伴って、自動車取得税が廃止されて新たに「環境性能割」という新たな制度がスタートします。環境性能割とはどのような制度かというと、自動車購入時(新車・中古車問わず)に自動車の燃費性能等に応じて、最大3%の税率がかかることになります。(2020年9月30日迄の登録については1%軽減)普通自動車登録車2019年4月1日〜2019年...

消費税の引き上げにともない、毎年の自動車税が引き下げられます。引き下げの内容としては2019年10月1日以降に購入した新車について引き下げ額については4,500円〜1,000円程度一度だけではなく、車の保有期間中条件にあてはまらないと税の引き下げを受けられない所有している車すべてが税の引き下げを受けられるわけではなく、増税後に購入した車(新車のみ)が対象です。引き下げ額は車の排気量ごとに違いがあり...

たった1分の入力で自分の車の最高額が分かる


その車、廃車にするしかないと思っていませんか?
車が古いから・距離が走っているから・傷やへこみがあるから・故障しているから、そんな理由で自分の車に価値がないと思っているのはもったいない!たった1分の入力で自分の車の最高額がわかる「ズバット車買取比較」

バナー



廃車の費用や手続きでお困りの方、少しでもお金になるならとお考えの方には車の一括査定をおすすめします。


※お住まいの地域によっては、複数の会社から査定を受けることができません。また、一括査定後、対応地域の査定会社から確認の連絡があります。



 
page top