TOP

事故の影響で車の値段が減額される

事故の影響で車の売値が減額される

事故車

車を運転しているとどうしても避けられないのが交通事故です。

 

いくら自分が気をつけて運転していようと相手から事故をもらうこともあります。

 

このとき軽くぶつけられるくらいであれば問題ありませんが大きい事故になってしまうと修復歴ありの車になってしまいます。

 

大きい事故を起こして車にダメージが残ってしまうと「修復歴あり」の車として市場では評価されます。

 

万が一事故前に100万円の値段がついていた車でも事故後に完璧に修理しても100万円の値段がつくことはありません。

 

たとえ同じ車でも「修復歴あり」の車と「修復歴なし」の車では市場価格に違いがあります。

 

このことを「評価落ち」や「評価損」と呼ばれ事故の影響によって本来の市場価格よりも価格が落ちてしまう現象です。

 

修復歴ありの定義

 

修理をした車のすべてを「修復歴あり」の車と評価するわけではありません。

 

自動車の取引にに関するルールを定めている3つの機関では統一して「修復歴あり」にあたる条件を定めています。

 

  • 日本自動車検査協会
  • 自動車公正取引協議会
  • 日本中古車自動車販売商工組合連合会

 

基本的な定義は

  1. 下記の骨格部位に損傷があるもの又は修復されているものは修復歴とする。
  2. 但し、骨格は溶接接合されている部位(部分)のみとし、ネジ止め部位(部分)は骨格としない。

 

修復歴有りの基準1

 

修復歴有りの基準2

 

修復部分 修復歴と評価されるもの
1・ラジエータコアサポート 交換されており、かつコアサポートと隣接するインサイドパネルに凹み、クロスメンバーに曲がり、凹み、サイドメンバーに曲がり、凹み又はその修理跡があるもの
2・クロスメンバー(フロント・リア)
  1. 交換されているもの
  2. 曲がり、凹み又はその修理跡があるもの
3・サイドメンバー(フロント・リア)
  1. 交換されているもの
  2. 曲がり、凹み又はその修理跡があるもの
4・インサイドパネル(フロント)ダッシュパネル
  1. 交換されているもの
  2. 外部又は外板を介して波及した凹み又はその修理跡があるもの
5・ピラー(フロント・センター・リア)
  1. 交換されているもの
  2. スポット打ち直しがあるもの
  3. 外部又は外板を介して波及した凹み又はその修理跡があるも
6・ルーフ
  1. 交換されているもの
  2. ルーフ周囲のインナー部に凹み、曲がり又はその修理跡のあるもの
  3. ピラーから波及した凹み又はその修理跡があるもの
7・センターフロアパネル、フロアサイドメンバー
  1. 交換されているもの
  2. パネル接合部に、はがれ又は修理跡があるもの
  3. 破れ(亀裂)があるもの
  4. 外部又は外板を介してパネルに凹み、メンバーに曲がり又はその修理跡があるもの
8・リヤフロア(トランクフロア)
  1. 交換されているもの
  2. パネル接合部に、はがれ又は修理跡があるもの
  3. 破れ(亀裂)があるもの
  4. 外部又は外板を介して波及した凹み又はその修理跡があるもの

 

8箇所の内1つでも損傷があったり修復していると修復歴ありと評価されてしまいます。

 

ただ、「ボディの形状」、車の構造や損傷度合いによって異なる場合もあります。


修復歴ありでどのくらい減額されるのか?

減額

修復歴ありの車はどのくらい減額されるのか?

 

  • 修復した箇所
  • 見なし修理費

 

これらによって金額は変わってきます。

 

単純に修復した箇所が多ければ減額も大きくなります。
ただ、修復した箇所が1つでも見なし修理費が高額であれば減額も大きくなります。

 

修復歴ありの車の値段は中古車販売業者が独自で価格を決めることができますが、一応、日本自動車査定協会では修復歴ありの車の評価方法を定めています。

 

評価方法は「減点」方式で車の評価額から修復による点数をはじき出して算出します。

 

 

みなし修理費は日本自動車査定協会の「中古自動車査定基準」で確認することができます。

 

 

計算方法

 

減額点数の計算方法は「基本価格×みなし修理費÷4.8×修復箇所の係数=減額点」となります。

 

修復歴ありにあたる箇所によって減点数が違うため、車の前方部分、左右、後方部分などの違いで減点数が変わります。

 

減点の点数は1点につき1000円になります。

 

修復箇所で点数が大きく変わる

 

修復歴ありとなる箇所の修復でも修復する場所には「ランク」が定められていて、自動車を走らせるに重要な箇所の修復は減額点数が大きくなります。

 

 

ランク

修復箇所

係数

クロスメンバー

フロントフロア

インサイドパネル

ピラー

ルーフパネル単体交換

トランクフロア

リヤフロア

リヤサイドメンバー

1.0

フロントサイドメンバー

ピラー交換

ルーフ(ピラーから)

リヤサイドメンバー交換

1.3

フレーム

フロア

フロアサイドメンバー

ダッシュパネル

1.5

 

修復する場所によってランクに違いがあります。
ランクAからランクCがありAは減額点数が低く、ランクCは減額点数が高くなります。

 

 

 

修理概算額

 

ランク 修復箇所 係数 見なし修理費
特C 特B 特A T U V W

A

クロスメンバー

フロントフロア

インサイドパネル

ピラー

ルーフパネル単体交換

トランクフロア

リヤフロア

リヤサイドメンバー

1.0 1100 900 750 700 600 500 400 350

B

フロントサイドメンバー

ピラー交換

ルーフ(ピラーから)

リヤサイドメンバー交換

1.3 1750 1450 1200 1100 950 800 650 550

C

フレーム

フロア

フロアサイドメンバー

ダッシュパネル

1.5 2850 2350 1950 1800 1550 1300 1050 900

 

減額点数をはじき出す際には、「みなし修理費」と呼ばれる数字を用いることになります。

 

この数字には特Cから軽まで分類されていて、車のメーカーや車種で分類されています。

 

トランクフロアを修復したプリウスの減額点数を計算

 

例えば、中古車市場で修復歴なしの場合100万円で買い取れるプリウスの場合で計算してみます。
プリウスはVに分類されるので見なし修理費はVの修復箇所に対応した数字で減点点数を計算します。

 

修復箇所がトランクフロア修復の場合、修復歴なしの場合と比べてどれだけ差額が出るのか?

 

 

基本価格(1,000千円)×みなし修理費(500千円)÷4.8×係数1.0=104点

 

1点1,000なので、104000円が減額されます。

 

トランクフロアを修復した修復歴ありのプリウスは市場では約90万円で取引されることになります。

 

 

 


たった1分の入力で自分の車の最高額が分かる


その車、廃車にするしかないと思っていませんか?
車が古いから・距離が走っているから・傷やへこみがあるから・故障しているから、そんな理由で自分の車に価値がないと思っているのはもったいない!たった1分の入力で自分の車の最高額がわかる「ズバット車買取比較」

バナー



廃車の費用や手続きでお困りの方、少しでもお金になるならとお考えの方には車の一括査定をおすすめします。


※お住まいの地域によっては、複数の会社から査定を受けることができません。また、一括査定後、対応地域の査定会社から確認の連絡があります。



 
page top