TOP

軽自動車を廃車

軽自動車の廃車費用

軽自動車

軽自動車を廃車にする場合、普通自動車と同様、「一時的に乗らなくなった場合」「もう乗らない場合」2種類の手続きがあります。

 

「もう乗らなくなった場合」には、自動車をスクラップにして「廃車手続き」をする必要があります。

 

手続きを頼むといくらかかる?

 

お願い

 

 

軽自動車は小さいから「廃車費用も普通車と比べて安い」と考えがちですが、普通車も軽自動車もスクラップにすることは同じですし、「廃車の手続きをする」ということにも変わりはありません。

 

ですから、軽自動車だからといって廃車費用が安くなるということもなく、普通車と同等か普通車よりも多少安いくらいです。

 

業者に手続きを頼むと、スクラップ費用で0円〜1万円、廃車手続き費用で5千円〜8千円、動かせない車だとレッカー費用で1万円〜2万円程かかります。
自走できる車だと1万円程度、レッカーが必要な車だと3万円程度はかかります。

 

地域によってもスクラップ費用はかからなかったり、廃車手続き費用がもっと高かったりと違いはあります。

 

私の地域であれば、スクラップ費用を取るところはあまりありません。
その代わりスクラップ業者が無料でその車を車を引き取ることが条件となっています。

 

軽自動車は人気がある

 

行列

 

 

普通車と軽自動車の廃車費用が変わらないなんておかしい!車が小さいのに損している気がする・・

 

なんて思う人もいますよね。

 

ですが、軽自動車には素晴らしメリットがあります。

 

それは、「人気が高い」という点です。

 

なぜ、廃車にする車なのに「人気」のことなんか考えるの?と思われそうですが、市場に需要がある車であれば、廃車にしようと思っていた車でも買い取りしてくれる可能性があるからです。

 

買い取りしてもらえれば、廃車費用もかかりませんよね。

 

なぜ、軽自動車が人気があるのか?ですが

 

  • 自動車税が7200円で安い(2015年4月1日以降の登録車は10800円)
  • 車検代が安い(車検の時の重量税が6600円)
  • 任意保険料が安い(普通車と比べて概ね3000円〜5000円安い)

 

軽自動車の一番のメリットは「維持費が安い」ところです。
普通車だと、一番安い自動車税でも「」29500円」で車検時の重量税は1トン以下で16400円なので費用面で見ても軽自動車の維持費の方が数万円安くなります。

 

ですから、非常に人気が高く、年式が古い車でも値段が落ちにくいです。


軽自動車は高額で取引されている

 

上昇グラフ

 

軽自動車は人気があり、値段が落ちにくいため年式が古くても、高値で取引されています。

 

さすがに、事故や故障で動かなくなって放置している車は高値で取引されることはないですが、新車登録から10年以内で走行距離が10万キロ以内の人気車種の軽自動車は中古車市場では安くても15万円前後で取引されています。

 

中古車市場で15万円前後で取引されているので、査定会社次第では買取りしてくれるところもあります。

 

軽自動車を廃車にしようと考えている人は

軽自動車は普通車よりも人気があり、値段が下がりにくいので廃車にしようと考えている車でも査定会社によっては値段が付くことも珍しくありません。

 

自分が乗っていた車を他人が乗るのが嫌だ!等の理由がない限りは廃車費用を抑えるために、一度ホームページの査定会社を利用して査定を受けることをオススメします。

たった1分の入力で自分の車の最高額が分かる


その車、廃車にするしかないと思っていませんか?
車が古いから・距離が走っているから・傷やへこみがあるから・故障しているから、そんな理由で自分の車に価値がないと思っているのはもったいない!たった1分の入力で自分の車の最高額がわかる「ズバット車買取比較」

バナー



廃車の費用や手続きでお困りの方、少しでもお金になるならとお考えの方には車の一括査定をおすすめします。


※お住まいの地域によっては、複数の会社から査定を受けることができません。また、一括査定後、対応地域の査定会社から確認の連絡があります。



 
page top