TOP

法人の場合の書類の書き方

法人の場合の書類の書き方

自動車の所有者が会社の場合、譲渡証明書や廃車に関する書類(一時抹消登録申請書、永久抹消登録申請書)へ記入する名称等が個人の場合と多少異なります。

 

どのように違うのかというと、個人の場合には名前と住所を書けばいいだけですが、法人の場合には名称(会社の名前)と住所と代表者を記入する必要があります。

 

個人の場合
氏名 車 太郎
住所 東京都千代田区○○○○(印鑑証明に記載されている住所)

 

会社の場合
氏名 株式会社 ○○○○
    代表取締役 車 太郎

 

住所 東京都千代田区○○○○(印鑑証明に記載されている住所)

 

株式会社の場合 記入例

 

株式会社の場合 記入例

 

 

揃える書類にも違いがあります

 

個人の場合だと、所有者個人の印鑑証明を添付して、書類にはその人の実印を押しますが、法人の場合、会社の印鑑証明書を添付して、会社の実印を押します。

 

会社の印鑑証明書の取得場所は法務局になります。

たった1分の入力で自分の車の最高額が分かる


その車、廃車にするしかないと思っていませんか?
車が古いから・距離が走っているから・傷やへこみがあるから・故障しているから、そんな理由で自分の車に価値がないと思っているのはもったいない!たった1分の入力で自分の車の最高額がわかる「ズバット車買取比較」

バナー



廃車の費用や手続きでお困りの方、少しでもお金になるならとお考えの方には車の一括査定をおすすめします。


※お住まいの地域によっては、複数の会社から査定を受けることができません。また、一括査定後、対応地域の査定会社から確認の連絡があります。



 
page top